夏期講習のご案内

ホーム › 夏期講習のご案内

夏期講習のご案内

夏期講習の目的

  • 重要単元の定着学校の長期休暇を利用し、普段より授業時間を増やして指導します。学校の授業が進まない時期だからこそ、余裕をもって、これまでの復習や今後の予習が可能です。特に、7月までに習った各学年の重要単元の定着に力を注ぎます。定期的な復習と問題演習が内容定着への近道です。
  • 長期休暇中の学習習慣(フォーム)の確立学校の長期休暇中に学習習慣が途切れてしまっては、今までの頑張りが水泡に帰してしまいます。講習の授業を日常のペースメーカーとして、常に安定した学習習慣(フォーム)の確立を目指します。また、中学生・高校生の皆さんを中心に、授業のない日や授業外の時間も自習室を開放し、お子様の学習効果が上がる環境をご提供させていただきます。
  • 自己ベスト更新に向けてのモチベーションUP中学生・高校生の皆さんには、夏休み明けのテストでの「自己ベスト更新」を目指して、個々に目標をもって課題に取り組んでもらいます。小学生の皆さんには、「読書感想文」など形に残るものをきちんと仕上げることで達成感を持たせます。授業でのやりとりや、授業前後での対話を大切にし、モチベーションUPを図ります。

夏期講習を利用して、規則正しい生活リズムを

算数

算数は、7月までに学習した内容の復習と、9月以降の予習を行います。闇雲に勉強していってもなかなか定着を図りにくい単元が各学年共に増えてきます。夏期講習では通常授業よりもさらにポイントを絞り、より良い学習効果を目指します。

低学年は学習動作の再確認を徹底して行い、中学年は基本を身に付け、応用問題・次学年以降につなげていきます。高学年は数学につながる単元が多いので、先々のことを視野に入れ、答えを導く過程も重要視し思考力を養っていきます。

各学年とも学習内容が中盤に差しかかり難易度が上がってきます。長期休暇を利用し、効率よく学習していきましょう。

国語

国語は、各学年とも教科書外の文章を扱います。さまざまな文章を通じて生徒の皆さんに「好奇心」を持っていただけるように、授業ではただ問題を解くだけではなく、深いところまで追求していきます。例えば、文章の音読をみんなですることで読み方の勘違いがないかを確認します。そして、文章に出てくる言葉の意味を普段の日常生活で身近に感じられる内容とからめて説明していきます。記述問題では、中学、そして高校入試での「解答の書き方・探し方」を意識し、小学生の間にマスターできる解法を指導していきます。思考力を必要とする問題を繰り返すことにより、理解の定着を図ります。

夏期講習 特別カリキュラム

読書感想文講座 ☆小3~6生☆ ※指導内容に含まれています。

苦手にしているお子様が多い読書感想文。この夏も、一進学館がお手伝いします!

  1. 前期中に本を1冊読みきります。読み方の指導、進行状況もチェックします。
  2. 本を読み終わった人から「読書感想文準備シート」を配って、感想文の骨組みを作ります。
  3. 「読書感想文準備シート」に従って、実際に感想文を書き、添削をして仕上げます。
  4. 自分が読んだ本を周りの人に紹介する「発表シート」を作って、発表します。

苦手にしているお子様が多い読書感想文。この夏も、恒例の「読書感想文講座」を行います。一つのことをやり遂げることによって、お子様に「やればできる」という達成感を感じていただきたいと考えています。

夏の漢字100題 ☆小3~6生☆ ※指導内容に含まれています。

暑い夏に、今までに習った漢字をたくさん覚えて、友達に自慢しよう!

まとまった時間の取れる夏休みを利用して、漢字を覚えます。これまでに習った漢字はもちろん、これから習う漢字も先取りで取り上げます。目標は100題を完全に覚えきることです。目指せ、漢字博士!

お申込み方法

塾生の皆様

「2017夏期講習受講内容確認書」(別紙)を各校舎までご提出ください。尚、夏期講習は年間指導カリキュラムの一部として組み込まれておりますので、塾生の皆様は原則、全員受講でお願い致します。

新規でお申込みの皆様

下記の方法で各校舎までご連絡いただくかもしくは、こちらよりお申し込みください。カウンセリングの時間をとらせていただいた後、授業に参加していただきます。

連絡先

  • 丸亀本校【設置:小中学部・難関受験コース】 TEL:0877-22-9223
  • 丸亀郡家校【設置:小中学部】 TEL:0877-22-2075
  • 高校部・大学受験部【設置:高校部・大手前コース】 TEL:0877-85-6735

受付時間

TEL
14:00〜22:00(日曜日は除きます。)

中1・2生はこれまでの整理と予習を!中3生は受験に向けてエンジン全開

中1生

中学校入学から夏休みまでの学習内容はそれほど難しいものではありません。しかし、全てが今後の学習の基礎になる重要単元です。ここでの理解不足が原因で苦手科目を持ってしまう人が毎年多くなっています。また9月以降、学習内容はだんだん複雑になり、正しい学習習慣を身につけておかなければ、やはり理解不足に陥ってしまいます。だからこそ、比較的時間のあるこの夏休みに、ここまでの学習内容を復習してきちんと身につけておかなければなりません。

中1生の夏期講習では、入学から夏休みまでの学習内容の総復習を行います。また、今後の学習をスムーズに進めていくために9月以降に学習する内容の予習を取り入れます。目標は『学習習慣の確立』です。

中2生

「中だるみ」という言葉がありますが、2年生という学年は3年間の真ん中の学年であり、気の緩みやすい学年です。夏休みから秋にかけては、その2年生の真ん中の時期です。いろいろなことに興味を持ち、ついつい学習以外のことに目が行きやすくなる年頃です。しかし、この時期に学習する内容は入試に直結する重要単元が多く、ここでの理解不足は1年半後の入試に大きな影響を与えてしまいます。

中2生の夏期講習では、単にここまでの学習内容の復習とこれからの予習をする場ではなく、3年間で最も危険な時期を乗り越えるための意識、姿勢、習慣を作っていくための重要な場となるのです。「夏を制する者は受験を制す」という言葉をよく聞きますが、2年生の夏休みこそ、実は最も重要な時期。早目からの受験準備をこの夏期講習から始めていきましょう。

中3生

夏休み明けに実施される第2回『学習の診断』は、ほとんどの科目が1・2年内容全てから出題される、これまでにない広い範囲のテストになります。また、2年生内容が加わることによって難易度は増し、計画的にしっかりと準備ができていなければ、得点することが難しくなります。

中3生の夏期講習では、今回『学習の診断』に追加される2年生内容の重要ポイントを中心に徹底復習をします。長時間の学習を通じて、これからの受験勉強に耐えうる基本姿勢を作り上げていきます。夏休みで基本姿勢が完成すれば、9月以降は応用の内容に取り組むことができるようになり、更なる力をつけることができます。また、前期には8時間の「夏期特訓」、後期には1泊2日の「夏期特訓合宿」を実施し、普段とは違う雰囲気の中で受験に向けての気持ちを高めていただきます。一進学館の夏期講習を、単なる復習の場、予習の場ではなく、「志望校合格に向けて学習姿勢、習慣を作り上げる場」としてご活用ください。

中学生 夏期特別カリキュラム ※指導内容に含まれています。

中3生 第2回診断測定模試

第2回『学習の診断』の範囲で行います。各科目での弱点の発見・克服が第一の目的です。

中3生 夏期特訓

長時間の学習(8時間)を通して、各々の学習に対する持久力を養います。問題演習を行いながら、一人ひとりの質問に答えていきます。

中1・2生 学校課題サポート

学校課題の進行状況をチェックし、計画的に終了できるようにお手伝いします。二学期の準備をしっかりと行うためには、休みの後半に慌てて宿題をすることは厳禁です。

中学生 夏期オプション企画 ※希望者の方のみの選択講座となります。

中3生 英語教科書本文&リスニング講座

一進学館夏期講習恒例、毎年大好評の「中3生英語教科書本文&リスニング講座」を今年も開講します。

香川県の公立高校入試や「学習の診断」で出題される英語の単語や熟語、表現は全て教科書内容です。ですから、英語の得点力アップのためには、教科書本文のマスターが必要不可欠です。この講座では、「教科書本文の完成」を目指し、徹底演習を行います。また、皆様からのご要望の多いリスニング問題への対策も行います。

使用するテキストは、入試直前まで繰り返し利用できます。後期からの実践問題練習を前に、しっかりと土台を固めましょう。

日時
スケジュール表をご参照ください。
料金
セット受講:¥6,480 講座のみ:¥12,960

塾生の保護者の皆様

上記講座へのお申し込みの場合は、別紙の「受講確認書」の選択講座チェック欄にサインしていただくよう、お願い致します。

中3生 夏期特訓合宿

受験生にとって勝負の夏がやってきます。この夏の頑張りが受験に大きく影響するということは、よく耳にすることでしょう。このことを意識して夏期講習でも授業を進めていきますが、更に学習意欲と、学習効率を高めてもらうため、「夏期特訓合宿」を実施します。この合宿では、普段とは違う環境や授業形式で勉強していきます。夏期講習内容のまとめの一部として、弱点の発見と克服のきっかけとしてご活用いただけます。また、本校・郡家校の塾生が一緒に参加します。合宿で知り合った他の校舎の仲間達と励ましあったり、新たなライバルを見つけることが発奮材料につながるかもしれません。いずれにせよ、大きく刺激を受けることは間違いありません。皆さんの参加をお待ちしています。

日時
8月18日(金)・19日(土)
料金
¥12,960(宿泊費・食事代・バス代・旅行保険代込)
  • ※参加ご希望の方は、別紙の申込書に必要事項をご記入の上、各校舎までご提出ください。尚、参加人数に限りがあります。参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。
  • ※天候等の状況によって、合宿が中止になる場合があります。予めご了承ください。
  • ※参加が決定した方には、後日「合宿のしおり」をお渡しします。持参物、注意事項などは「合宿のしおり」でご案内します。
  • ※事前に体調を整えておくよう、お願いいたします。
  • ※合宿のみの参加は、原則受け付けておりません。

合宿は、受験生の意識を変える!

お申込み方法

塾生の皆様

「2017夏期講習受講内容確認書」(別紙)を各校舎までご提出ください。尚、夏期講習は年間指導カリキュラムの一部として組み込まれておりますので、塾生の皆様は原則、全員受講でお願い致します。

新規でお申込みの皆様

下記の方法で各校舎までご連絡いただくかもしくは、こちらよりお申し込みください。カウンセリングの時間をとらせていただいた後、授業に参加していただきます。

連絡先

  • 丸亀本校【設置:小中学部・難関受験コース】 TEL:0877-22-9223
  • 丸亀郡家校【設置:小中学部】 TEL:0877-22-2075
  • 高校部・大学受験部【設置:高校部・大手前コース】 TEL:0877-85-6735

受付時間

TEL
14:00〜22:00(日曜日は除きます。)

丸高生対象

丸亀高1クラス

丸高のスピードと要求される質には慣れてきたでしょうか。「学習ペースを取り戻したい」「もっと確かな理解と演習で向上したい」など、大歓迎です!夏期講習では現段階においての数Ⅰ・A、英文法・語法の最重要問題を取り扱い、単元完成講座として開講します。8月下旬実施の「第2回学力テスト」を完全網羅していますから、解法ツールの確認に加え、実力UPさせていきましょう。過去問に頼らず、テスト範囲分析に基づく徹底指導をしますので期待してください。また、数学では学校課題の類問も各個人に準備しますので積極的に活用してください。

高1からの「単元完成」が上位国公立大学、難関私立大学への「現役合格」へとつながります。

丸亀高2クラス

現段階においての数Ⅱ・B、英文法・語法、英文解釈の最重要問題を取り扱い、単元完成講座として開講します。高2内容は入試に直結する単元のオンパレードですから、解法ツールの確認に加え、実力UPさせていきましょう。また、8月下旬実施の「第3回学力テスト」を完全網羅しています。過去問に頼らず、テスト範囲分析に基づく徹底指導をしますので期待してください。また、数学では学校課題の類問も各個人に準備しますので、積極的に活用してください。

高2の夏の有効活用は大学受験においても重要です。学習スタイルを維持して頑張りましょう。数学は文系、理系クラスに分かれて指導しますのでご安心ください。

坂高生対象

坂高1クラス

坂高の授業スピードの速さに圧倒されていないでしょうか。学校の授業だけでは到底十分な理解ができていない方が大半を占めているのが現状です。夏期講習では現段階においての数Ⅰ・A、英文法・語法の最重要問題を取り扱い、単元完成講座として開講します。8月下旬実施の「第2回実力テスト」を完全網羅していますから、解法ツールの確認に加え、実力UPさせていきましょう。過去問に頼らず、テスト範囲分析に基づく徹底指導をしますのでご期待ください。また、数学では学校課題の類問も各個人に準備しますので、積極的に活用してください。

高1からの「単元完成」が中堅以上の国公立大学、難関私立大学への「現役合格」へとつながります。

坂高2クラス

現段階においての数Ⅱ・B、英文法・語法、英文解釈の最重要問題を取り扱い、単元完成講座として開講します。高2内容は入試に直結する単元のオンパレードですから、解法ツールの確認に加え、実力UPさせていきましょう。また、8月下旬実施の「第3回実力テスト」を完全網羅しています。過去問に頼らず、テスト範囲分析に基づく徹底指導をしますので期待してください。また、数学では学校課題の類問も各個人に準備しますので、積極的に活用してください。

高2夏の有効活用は大学受験においても重要です。学習スタイルを維持して頑張りましょう。数学は文系、理系クラスに分かれて指導しますのでご安心ください。

善一・城西生対象

総合高1クラス

高校へ入学して以来、中学内容と違う、高校内容の難易度の高さやスピードに驚いている人も多いのではないでしょうか。そこで、この夏休みを有効に使うため、単元完成講座を開講します。指導内容は、通常の教科書順序では理解がつながりにくい内容がリンクできるように準備しています。しっかりした理解で、今後の単元につながる概念を定着させていきましょう。

善通寺第一は8月下旬実施の「第2回学力テスト」、丸亀城西は9月上旬実施の「第1回課題テスト」を完全網羅していますから、解法ツールの確認に加え、実力UPさせていきましょう。過去問に頼らず、テスト範囲分析に基づく徹底指導をしますので期待してください。

高1からの「単元完成」が国公立大学、有名私立大学への「現役合格」へとつながります。

総合高2クラス

現段階においての数Ⅱ・B、英文法・語法、英文解釈の最重要問題を取り扱い、単元完成講座として開講します。高2内容は入試に直結する単元のオンパレードですから、解法ツールの確認に加え、実力UPさせていきましょう。善通寺第一は8月下旬実施の「第3回学力テスト」、丸亀城西は9月上旬実施の「第2回課題テスト」を完全網羅しています。過去問に頼らず、テスト範囲分析に基づく徹底指導をしますので期待してください。

高2夏の有効活用は大学受験においても重要です。学習スタイルを維持して頑張りましょう。

~12時間耐久~激アツ特訓

お申込み方法

塾生の皆様

「2017夏期講習受講内容確認書」(別紙)を各校舎までご提出ください。尚、夏期講習は年間指導カリキュラムの一部として組み込まれておりますので、塾生の皆様は原則、全員受講でお願い致します。

新規でお申込みの皆様

下記の方法で各校舎までご連絡いただくかもしくは、こちらよりお申し込みください。カウンセリングの時間をとらせていただいた後、授業に参加していただきます。

連絡先

  • 丸亀本校【設置:小中学部・難関受験コース】 TEL:0877-22-9223
  • 丸亀郡家校【設置:小中学部】 TEL:0877-22-2075
  • 高校部・大学受験部【設置:高校部・大手前コース】 TEL:0877-85-6735

受付時間

TEL
14:00〜22:00(日曜日は除きます。)

英語

総合英語・・・推薦入試型・センター試験・私立大マーク型対応

推薦入試やAO入試での英語を要する受験生、英語に対して苦手意識がある受験生に対応しています。まずはセンター問題~中堅私大までの基本的な問題を取り扱い、文法のルールと考え方を解説します。英文法を理解することは、入試英語の大半を占める英語の長文読解にも必須となりますので、この講座を通じて読解への道も開けてきます。今回の夏期講習では、入試頻出単元であり、皆さんが苦手と感じている分野を取り上げ、徹底的に実力養成していきます。

センター英語・・・センター試験・私立大マーク型対応

英文解釈のための基本事項~センター問題まで対応できる力を養うことを目標とします。「どれが主語と述語なのか」、「どの語(句・節)がどの語(句・節)を修飾しているか」を理解し、文全体の意味を考えていきます。比較的短い英文を使って読解法の基礎からはじめますので、長文読解に苦手意識がある人にも受講を推奨します。

国公立2次・難関私大英語・・・国公立2次試験・難関私立大記述型対応

中堅国公立や難関私立大学に対応しています。重要文法や基本的な英文解釈を土台として、それをどのように用いて英文読解に取り組むかを講義していきます。さまざまなタイプの問題を利用し、字面だけではなく行間や背景に含まれる意味の「読み方」、「解き方」を指導します。基本的な文法・構文は知っているけれども、うまく使いこなせないと感じる受験生は多いです。英語の完成に向け、意欲的な参加を期待しています。講座の性質上、個別指導形式で行います。

数学

センター試験で数学Ⅰ・Ⅱの形式、数学Ⅰ・AまたはⅡ・Bの1科目で受験する予定の方はご相談ください。

総合数学(文理共通Ⅰ・A・Ⅱ・B)・・・センター試験・私立大マーク型対応

受験数学の性質上、まず核となるのは『確かな定理のマスターと計算力』です。文系、理系問わず、数Ⅰ・A・Ⅱ・Bを必要とする受験生が集結して、基本~標準問題の徹底トレーニングを行います。繰り返しの演習時間を「貴重な夏」の学習時間に組み入れ、まずは弱点を克服していきましょう!特に全国模試での成績が平均点前後の受験生で重要定理、計算力が不足していると考えられる場合の受講を推奨します。

センター数学(文理共通Ⅰ・A・Ⅱ・B)・・・センター試験・私立大マーク型対応

重要定理や計算力が一通り身に付いていることを前提に、実践問題演習を通じて講義を展開していきます。この夏にセンター試験レベルでは最低7割以上の確かな得点力を身に付け、最終的には9割以上の得点率を目標とします。センター試験は特に時間との勝負です。鈍くさい解法で時間切れとなった経験は誰しもあるはずです。この講座では効率よく要領よく解きほぐすための『解法の伝授』も充実しています。文系、理系問わず、数学を得点源にしたい意欲的な参加を期待しています。

国公立理系数学(文理共通Ⅰ・A・Ⅱ・B)・・・国公立2次試験・難関私立大記述型対応(Ⅲは個別にて対応します。)

大阪大学、神戸大学をはじめ、難関国公立大学の2次試験対策の足がかりとして、この夏開講します。広島大学、岡山大学、香川大学の2次試験問題も扱い、人気国公立大学や難関私立大学を目指します。また、東京大学の代数学分野、京都大学や一橋大学、早稲田(政経)の整数問題対策、早稲田(主要学部)や慶應義塾(経済・理工・薬)など難関私立大学を目指す方にも個々に対応しています。熱のこもった講師と『オリジナル問題集』で真の受験生の段階へステップUPしてもらいます。

個別指導 (高1~高3生・既卒生対応)

「生徒2人に担当1人」を基準に、きめ細かい指導を行います。
各高校、各学年、志望大学系列に応じて開講致します。教科・時間帯などはご相談後、決定させていただきます。

『開講予定教科』・・・英語・文系数学・理系数学・化学など。

~12時間耐久~激アツ特訓

ハイスクール@will

お申込み方法

塾生の皆様

「2017夏期講習受講内容確認書」(別紙)を各校舎までご提出ください。尚、夏期講習は年間指導カリキュラムの一部として組み込まれておりますので、塾生の皆様は原則、全員受講でお願い致します。

新規でお申込みの皆様

下記の方法で各校舎までご連絡いただくかもしくは、こちらよりお申し込みください。カウンセリングの時間をとらせていただいた後、授業に参加していただきます。

連絡先

  • 丸亀本校【設置:小中学部・難関受験コース】 TEL:0877-22-9223
  • 丸亀郡家校【設置:小中学部】 TEL:0877-22-2075
  • 高校部・大学受験部【設置:高校部・大手前コース】 TEL:0877-85-6735

受付時間

TEL
14:00〜22:00(日曜日は除きます。)

大手前コースの夏期講習では、1学期の復習と実力テスト対策を実施致します。

ご存知のように大手前は普段の授業進度が非常に速く、難易度も高く設定されています。そのために、長期の休みを利用して予習をしておかないと9月からの授業に余裕を持って臨むことはできません。

1年間のカリキュラムを見たときに、この夏期講習は非常に重要な位置づけになりますので全員参加していただきますようお願い致します。夏期講習中も普段の授業と同様、理解不足や進度についていけないお子様に関して、徹底的にフォロー致します。

大手前コースを設立して様々なタイプのお子様と接し、日々思うことがあります。

それは、伸び悩んでいるお子様に自信を取り戻させ、充実した学生生活を送ってもらうにはどうすればよいかということです。これは塾として永遠の課題であり、いつも職員間の打ち合わせの中心になる事項です。

大手前コースは、その一つの結論として『少人数教育』『サポート体制の強化』『お子様が通いやすい環境作り』を三大テーマとして、日々の授業を行っています。

少人数教育
大手前コースにとって、これからも変わることのない指導方針です。少人数にすることで、お子様一人ひとりにかけることのできる時間が大幅にUPします。それは、親御様との連絡においても同じです。様々な塾の中から一進学館を選んでいただいた気持ちに応えるためにも、一人ひとりを見つめ、一緒に悩みを解決し、第一志望大学に合格できるようにこれからもバックアップしていきたいと思います。
サポート体制の強化
普段の授業だけではどうしても理解するのに時間が足らず、とても苦しい思いをしているお子様のために必要不可欠です。頑張っているにもかかわらず理解できないということは非常に悔しいと思います。そういう自分が情けなく、授業中に涙をためて必死に頑張っているお子様もいます。共に悩み、励ますことで、勉強への意欲を失わず前向きに努力を継続できるよう、最大限のサポートを実施していきます。
お子様が通いやすい環境作り
普段の授業や休み時間の会話の中でお子様が何でも相談できる先生になることが非常に大切だと感じているために、三大方針の一つとして大切に考えています。時には厳しく、そして普段は良きお兄さん・お姉さんとして接していきたいと考えています。そういう環境がいつでも質問できる関係を作り上げると思います。決して高圧的に接することなく、お子様の心理状態を常に考えて行動することは、塾講師にとって非常に重要な能力の一つであると思っています。

以上が大手前コースの三大テーマです。お子様の将来のために最大限の努力をしていくことをこれからもお約束致します。

~12時間耐久~激アツ特訓

お申込み方法

塾生の皆様

「2017夏期講習受講内容確認書」(別紙)を各校舎までご提出ください。尚、夏期講習は年間指導カリキュラムの一部として組み込まれておりますので、塾生の皆様は原則、全員受講でお願い致します。

新規でお申込みの皆様

下記の方法で各校舎までご連絡いただくかもしくは、こちらよりお申し込みください。カウンセリングの時間をとらせていただいた後、授業に参加していただきます。

連絡先

  • 丸亀本校【設置:小中学部・難関受験コース】 TEL:0877-22-9223
  • 丸亀郡家校【設置:小中学部】 TEL:0877-22-2075
  • 高校部・大学受験部【設置:高校部・大手前コース】 TEL:0877-85-6735

受付時間

TEL
14:00〜22:00(日曜日は除きます。)

※時間割と料金の詳細は各校舎までお問い合わせください。